マクロ互換性なら32bit版Excel 古いマクロ付きExcelファイルを利用するなら、断然32bit版 Offcieを利用すべきという結論でした。 64bit版のWindowsでも、Officeは32bit版が入っているはずだという先入観があったといいますか、まさか64bit版が入っているPCがあるとはこれっぽちも頭になかったです。 3.表示された右側画面より「Microsoft Excelのバージョン情報」欄下の内容を確認します。 32bit版:「14.0.xxxx.xxxx(32ビット)」と表示されます。 64bit版:「14.0.xxxx.xxxx(64ビット)」と表示されます。(xxxx は詳細バージョン番号) 4.Excelを閉じます。 通常は64bit版と32bit版で共通の宣言でいいのですが、例外的に分ける必要があるAPIがあります。例えば、 Win32API_PtrSafe.TXT で GetWindowLongPtr を検索すると、下記がヒットします。 おまけ:Powershellで環境変数を確認する場合 Declareステートメントの確認および更新を行い、次にDeclareステートメントにPrtSafe 属性を設定してください。」のエラー解決方法を紹介しました。 こちらの「VBA 32Bit版と64Bit版でDeclareステートメントの宣言を分ける方法」も参考にしてみてください。 確認方法の例として、Microsoft Office 2019のExcelのアプリケーションを起動して確認する方法をご紹介いたします。(※他のアプリケーションでも、同様の操作で確認いただけます。) Excel画面上の左上にある「ファイル」のタブをクリックします。 Excel画面 マクロ互換性なら32bit版Excel 古いマクロ付きExcelファイルを利用するなら、断然32bit版 Offcieを利用すべきという結論でした。 64bit版のWindowsでも、Officeは32bit版が入っているはずだという先入観があったといいますか、まさか64bit版が入っているPCがあるとはこれっぽちも頭になかったです。 64bit版と32bit版で宣言を変更する必要があるAPI. まず「32bit版」と「64bit版」の違いについて確認しておきたいと思います。. Office 2019には32bit版・64bit版のように2種類あり、どちらをインストールするかで迷うでしょう。両者の違いを簡単に言えば「PCの情報処理量の違い」です。自分のPCのOS、操作しているデータ量、アドインなどに対応して最適なバージョンを選びましょう。 ※ Excel 2003やExcel 2007はすべて32ビット版です。Excel 2003やExcel 2007に64ビット版はありません。 最終更新日:2016年10月11日. 次に64bitの場合。 下記のふたつのどちらかが出力されます。 どちらも64bitですが、CPUのメーカーによって表示が異なるみたいですね。 PROCESSOR_ARCHITECTURE=AMD64 もしくは PROCESSOR_ARCHITECTURE=IA64. [017893:「Microsoft(R)Office 2013」64ビット版と32ビット版のどちらがインストールされているか確認する方法]を参照し、「Microsoft Office 2013」が32ビット版に変更されていることを確認してください … Excel や Word などの Office には実は2種類あって32bit版と64bit版があります。別に普段使用するのに気にする必要はないのですが、別途ソフトをインストールするときに Office の bit 数を確認しなくてはいけない場合があります。 64bitの場合. そうなると、32Bit 版なのか、64Bit 版なのかを判別する方法が必要になりますね。 Office 2010 以降、 VBA7 と Win64 という 条件付きコンパイル定数 が追加されました。VBA7 は VBA のバージョンを区別するもので、Win64 は 32Bit/64Bit を区別するために利用します。 Windows10の「32bit版」と「64bit版」の違い. Word や Excel など Office アプリケーションの 1 つを開き、[アカウント] を選びます。 注: [ アカウント ] が表示されない場合、または既にファイルまたはドキュメントを開いている場合は、メニューから [ ファイル ] を選び、左側の一覧から [ アカウント ] または [ サポート ] を選択します。 PCにインストールしているMicrosoft Officeが32bit版と64bit版のどちらなのかを調べる方法をご紹介。Office 2010、Office 2016、Office 2013、Office 2010のバージョンに対応して手順を解説。 但し、Officeの64bitは、32bitに比較して使用環境に未整備な部分があるのと、大量データ処理に有利な特性を 発揮できる用途が限られるため、使い良い32bit版の採用が主流です。 ここで言う「bit」と言うのは パソコンが取り扱えるデータの最小単位のことで、この数値が大きいほど扱える情報の量も増えます 。. 64 ビット版の Office では、このようなケースにパフォーマンスが向上する可能性があります。 「Excel の仕様と制限」、「データ モデルの仕様と制限」、「Memory usage in the 32-bit edition of Excel (32 ビット版の Excel のメモリ使用量)」を参照してください。 64bit版Excelと32bit版OracleClientでDBにアクセスする方法はないでしょうか? よろしくお願い致します 解決後追記:Oracle Instant Client(64bit)にはOLEDBのプロバイダがないようなので、12c のフルクライアント(64bit)をインストールしました。

FAQ一覧.