広大な荒川河川敷の北岸(熊谷堤)に寄せて蛇行部をショートカット 中流部 千住町の北を迂回する形で隅田川から離れ、綾瀬川から中川へ通じる流路に沿わせて中川に連絡 下流部 中川横断後は中川沿岸の市街地を避け、やや東にふくらませて中川河口に導く 千住地区(旧千住町域)の現行行政地名には千住と冠称されたものが多い。なお、北千住駅が設置されているが、行政区分上「北千住」という町名はない。 また、荒川放水路開削以前は南足立郡 綾瀬村であった日ノ出町、および葛飾区に属していた柳原は、現在千住地区に属する。
荒川放水路(あらかわほうすいろ)は、荒川のうち、岩淵水門から、江東区・江戸川区の区境の中川河口まで開削された人工河川を指す。 途中、 足立区 千住 地区、および 墨田区 ・ 葛飾区 の区境を経由し、全長22 km、幅約500 mである。 荒川でシーバスのルアーフィッシングをこれから始めてみたいという方向けに動画による釣り場紹介をしていきます。今回は北千住駅もしくは小菅駅から比較的近い、最初の大きな橋「千住新橋」の北側にあるpointのご紹介です。 旧荒川の拡幅も含めて複数のルートが検討されましたが、比較的直線で、 500 m幅の現在の川筋に決まりました。なるべく直線にしましたが、北千住という宿場町はつぶさないで迂回するなどの配慮もされ … 国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所 〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表) リンク・著作権等について 荒川放水路工事の様子 荒川放水路(現荒川)は明治43(1910)年に東京を襲った大水害を契機に開削された人口の河川です。 当時の南足立郡江北村・西新井村(昭和3(1928)年町制施行)・千住町・綾瀬村の一部が放水路用地となり、大正元(1912)年から翌年にかけて買収が行なわれました。