冬は大根が甘く、みずみずしくて美味しいですよね。大根を食べる機会も多いと思います。そして愛知県では大根が冬にたくさん採れるので、田舎から大根をもらうことが多いです。 しかし、“大根葉”のレパートリーがなかなかない上、すぐ […] 大根は漬物や煮物、味噌汁など、さまざまな料理に使える万能な野菜です。保存方法を工夫して、料理の手間を減らしませんか?この記事では、大根の品質をそのまま保ち、丸ごと保存できる方法や、メイン料理や副菜におすすめの大根レシピをご紹介しています。 冬の美味しい野菜、大根。おでんに入れるもよし、お味噌汁にするもよし。大きい大根1本消費するのも大変なのに、親戚からたくさんもらったりして困ったことはありませんか?長期間保存できたら嬉しいですよね!おすすめの大根長期保存レシピお教えします! みずみずしい大根は、千切りにして生でも美味しく、煮たり、焼いたりすることで甘みがでて、出汁も染み込みやすいので、ご飯のおかずにぴったりの煮物料理にも向いています。 畑で育てることもそれほど難しくないので、栽培方法から収穫までの流れを説明します。 一人暮らしなので大根が長持ちせずにいつも半分以上捨ててしまいます、半分切りで売っていればいいですが無い時も多いので何かいい方法を探しています。大根は冷蔵庫に入れていても4、5日くらいで柔らかくなって中もパサパサになります 大根を畑で長期保存したい場合は、霜が降りる前に1回抜き取り、再度、深い穴に大根を埋めましょう。 では、詳しいやり方をご説明します。 ①畑の大根を全部抜き取り、葉っぱを根元ギリギリの部分から取り除きましょう。 大根の葉の上手な保存の仕方を一から詳しく解説していきます。まずは冷蔵庫での保存から見ていき、冷凍保存する方法、解凍方法、冷凍した大根の葉を使ったレシピ、干して乾燥させてから保存する方法などを見ていきます。